物価は沈静化?

経済と物価というのはおおきくな関係があるというのはご存知の通りでもあります。
デフレやインフレということによって、経済の動きというのは加速化して行くということにもなるため、モノの値段というものへの意識というのは常に注意しておくということも必要になります。
現政権がデフレ脱却というものをめざし、モノの価格においても値上がりというものを示唆して行くということで動いていますが、デフレスパイラルというものから抜け出せるかということは非常に大きなこれからの日本の経済にとっては重要な辞退でもあります。
一方で家計を守る主婦の立場ということから考えると、国の経済がうまく回るようになるということを前提であっても家計に直結するものの値段の上昇という事においてはもろ手を挙げて賛成しきれないという部分がどうしてもあるのではないでしょうか。
もちろんそこにはやはり、賃金UPということが盛り込まれて同時に実現しなくては厳しいということにもなりますし、世論というものの反発ということも予想されます。
ものの価格の上昇ということがある程度緩やかに、かつ経済をよくするような働きかけをするように政府としては責任を持って行くべきだと感じられるのです。

コメントは受け付けていません。