円高と物価下落のメカニズム

円高になると物価が下落すると良く聞きますがこれはなぜ起こることなのでしょうか。
そのメカニズムについて考えて行きたいと思います。
日本は資源の乏しい国なので、そのため多くの分野で輸入に頼っているのが現状です。

 
輸入をする際に、外貨に対して円の価値が下がるとそれだけ、少ないお金で多くのものを買うことができます。

 
外国から材料を安く買うことができるために、物の価値が下がると言うわけです。
それでは、輸入に関係していないものは価値が下がらないのかと言うとそう言うわけでもなく、

 
まず第一に完全に国産のものであっても、材料の中に全く海外のものを利用していないといったものは少なく材料費が安くなっている分だけ、国産のものでも価格が下がります。

次に海外から輸入した材料を一切使用していないものがあったとしても、周りの商品の価格が安くなっているのであれば、それだけが相対的に見て割高になってしまいます。そうなると消費者は安い商品を選ぶので、材料費に影響がないものだとしても、価格競争のために値段を下げることになり物価が下がるようになっているのです。

もちろん、経済とは様々な事情が絡み合い一概にこうだと言い切れるものではありませんが、
おおまかなメカニズムとしてこのような働きがあるのです。

コメントは受け付けていません。