円高が国内金利を引き下げる

高になるということは円の価値が上がることを意味します。

 

外貨で運用していても最終的に円に戻す場合に運用益は大きく目減りしています。もし中長期の展望において円の価値が上がることが予想されている場合は、投資家は円での運用を考えます。運用の大原則というのは価値が上がった通貨で行うというものです。

 

国内投資家だけでなく海外投資家も同じ考えですから、円の価値はさらに上がってしまいます。需要が高まっていますので、金利も需要に応じた動きになります。人気が高いので購入需要が非常に高まります。

 

よく売れているので金利をあげる必要はありません。金利が下がるということは、ありとあらゆる中長期金利は下がることになります。しかし相場は相対的なものであり、必ずしもこの法則が働くわけではありません。同じようなメカニズムで金利を引き下げている国があったとすれば、よりどちらが自国通貨高になるかが決定されます。自国通貨が本来の動きと逆になる場合もあるのです。

 

 

ですから自国通貨高でも金利に影響が出る場合もあります。しかし基本的には円の価値が上がると企業収益が下がってしまうので、資金は株から債権にうつって債権価格が上昇して債権利率が下がって金利が下がるという流れになってしまいます。

コメントは受け付けていません。