国内金利の一段高が円高を促す

為替相場の動きは金利にどのようなインパクトをもたらすかというと、円が高くなり、円高ドル安が進行することがイメージされる状況のもとでは、これまで国外の金融商品で投資してきた国の投資家は、この外貨資産を売却して円に換え、日本国内マーケットで円建ての債券等を購入する意欲を強めます。

 

 

またアメリカの投資家も、ドルを円にかえリバランスして日本で資産運用する比率を強めることになります。

 

 

円が高くなることが想定されるケースでは、円建ての金融商品に対する購入需要がアップするわけですから、これらの商品のプレミアムは低下することになります。

 

 

これは債券のケースをイメージしてみるとわかりやすいですが、日本の債券への買いが増えると言うことは債券価格が上がり、債券プレミアムは下がり、日本のあらゆる社債やその他の中長期の金利プレミアムは同じように下がるわけです。

 

 

一方アメリカサイドでは、アメリカの金利商品への需要がダウンするわけですから、アメリカの金利プレミアムは逆にアップすることになります。つまり為替相場がアップすると見込まれる通貨のプレミアムは下落、逆に相場がダウンすると見られる通貨のプレミアムはアップするわけです。

コメントは受け付けていません。