景気を冷やすメカニズム

景気が過熱するとバブルが起こる可能性があります。

 

バブルがはじけると大変な状態になるというのは、日本にいれば多くの人が知っていることでしょう。ですから、加熱しすぎると冷やすことが必要となってくるのですが、このときに用いられる基本的な方法が金融引き締めです。

 

具体的には、利上げを実行することを指します。
なぜ加熱するのかというと、企業が設備投資を行うからです。借金をして設備投資を拡大させるのですが、バブルがはじけると設備が稼働しなくなり、借金を返済することが難しくなるのです。このような状況を防ぐためには、設備投資を抑制するのが妥当だと考えられます。
設備投資を抑制するためには、買い入れをしにくくすれば良いわけですから、そのために利上げを実行するのです。具体的には国債を売るという方法がとられます。国債は色々な債券や金利の基準となりますから、中央銀行が国債を売ることによって全体的な金利が上昇します。このようなメカニズムで加熱した状態を冷やすというのが中央銀行の常套手段だと言えるでしょう。
現在の日本は金融緩和によって低金利の状態が続いていますが、好況になってくると利上げが実行される可能性があると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。